2014年08月30日

【失敗するのは夢がいっぱいあるからなんだ!!〜<大きなビジョンを膨らまそう!!>〜】

こんにちは!!。今日も人生を楽しんでいる杉元です!!。

フォーラム.jpg
<1ビリオンつまり1000億を目指すフォーラムメンバーの面々。右から上場企業ウィルグループ池田さん、エネルギーで成長が凄い中央電力中村さん、グループ起業家100名を目指すファインドスター内藤さん、現EO代表ディーポップス後藤さん、上場企業ウォーターダイレクト伊久間さん、そして僕。>

オリエンタル.jpg
<実は弾丸でシンガポールへ。10月から海外出張が増えます>

パンブッフェ.jpg
<素敵なパンブッフェ。魅せ方GOOD!!>

レストラン.jpg
<レストランのオープン情報。写真やメニューまで出すと期待感上がる>。

店.jpg
<参考にしたいショップ>

植栽.jpg
<この植栽イイな!!>


植栽に2.jpg
<今度使おう(笑)!!>


さて現在僕はEOという世界最大の起業家ネットワークに昨年より入会し、
その中のEOジャパンにおける2014年度の運営理事メンバーとして頑張っています。
http://www.eojapan.org/about/executive.html

このEOでは「フォーラム」という仕組みがあります。簡単に言えば、
※「完全極秘の経営者同志が自分達を高め合う場」であり、
※経営者としての経験シェアをする事での「経営者同志の貢献の場」であり、
※特に企業経営する上で抱える喜びや悩みや課題を「共有する場」
です。

EOはほぼ起業家で構成されているため自ら起業した人がほぼ全てです。
よって0−1までは実現出来たけど、1−10のステージや10−100のステージはまだ未知の世界だったりする事が多数あります。
僕も17年経営している中で、未だに初めて経験する事が多数出てくるわけですが、
自分なりの見解や意志を持ちながら、他の経営者で同じ経験をした人達がその時にどうしたのか?やどんな判断をなぜそうしたのか?などの話を共有しながら自分の判断や方向感を決していく。

とても良い場だと感じています。

そんなメンバーでこのフォーラムの理念を決定しました。
その理念は「社会に必要とされる1000億エクセレントカンパニーを創る。」です。

会社名に該当するこのチーム名は既に1年前に決定しており「1ビリオン」と言うのですが、
要は1000億企業を創ろう!!そうなろう!!という事を目的に集まった経営者ばかりです。

よって構成メンバー6名の中で、
※既に上場している経営者が2名
※既にEOの歴代会長を現役も含めて3名
という既に過去の実績からしてもスペシャルチームですが更に志高く、定性面では社会の中でなくてはならない必要な存在意義を感じて頂きながら、定量的にも1000億円の売り上げを誇る存在感を示すという事の実現を目指しています。

ここでの「社会」とは4つのステークスホルダーを指しており、社員・顧客・支えて頂く関係者・企業の4つであり、
この4つに大きな貢献を果たす事で「社会に必要とされる」と説いています。

この6名の中で一番売り上げが大きい会社が約300億強で、PDPが今期で145億程度。
まだまだ先は長く、壮大な理念ですが、
大きなビジョンや夢があるから成長するはずだしだからこそ失敗する事もある。

失敗するのは大きな夢があるから。
弊社の理念の1文でもある「常に失敗を恐れない勇気」をポジティブに持ち続け、更に社会に必要とされる会社を創りたいと思います。

では皆さん今日も素晴らしい人生の一ページをお創りください!!では!!。
posted by 杉元崇将 at 13:13| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月24日

【夏の終わり〜<2014年も2/3が終了!早い!>〜】

こんにちは!今日も人生を楽しんでいる杉元です。

サンクスパーティ.jpg
<PDP全国で開催されたサンクスパーティ。約1000名の方にご参加頂きました。もっとより良いイベントに育てていきます。ありがとうございます!!>

呑む会.jpg
<毎月開催されるPDPメンバーとの「呑む会」。入社時の「ウエルカムランチ」というイベントと合わせると年間約200名のメンバーとコミュニケーションを図っています。ぐっと絆を深めたい!!>

内定者説明会.jpg
<内定者のご家族向け会社説明会。会社の理解をより多くの方へ!!>

さて8月も最終週に入ります。
新年を迎え4月の新卒新入社員入社に加え消費税増対策にかなりの時間を使いながら、
「今年の梅雨は長いな。。」と感じながら週末に雨や台風が重なる今年の夏の天候を見ながらと日々を過ごしてきましたが、
早いもので始まったばかりと感じていた2014年もまもなく2/3が経過します。

皆さんの2014年は順調ですか?

TIME IS MONEY。
「時は金なり」とはよく言う言葉ですが、過ぎていった時間は既に埋没時間であり2度と戻ってくる事はありません。

2014年の残りやポジティブドリームパーソンズにおいては今期の残りという時間をいかに有効且つアクティブな時間や期間とするか。
僕の中では常にそんな時間との戦いのようなデッドラインを常に意識しながら日々の生活や仕事に向かっていますが、
一方で今年も多くのお客様や多くのPDPメンバーとこの夏も数多くの時間を過ごしながら、
「ぐっと会社を成長させる」というよりも、お客様やメンバーとの絆を太くする「ぐっと会社を強くする」という方に常に自分の頭と意識は向かっている気がしています。

「成長」とは拡散し進化する事ですが、長期的にこの事を確実に実現していくために、
今はまだまだ「強くする」という集約や収束という事にもう少し軸足を置きながらこれからの1〜2年は進みたいと考えています。

では皆さん残暑厳しいこの季節。素晴らしい人生の1ページを創りましょう!!みなさんでは!!



posted by 杉元崇将 at 15:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

【質と格を上げる三年間へ〜<新たな中期三カ年計画>〜】

こんにちは!今日も人生を楽しんでいる杉元です。

やま3.jpg
<今年はこんな写真を多くの皆さんにお届けしたい!(写真は5月の世界起業家フォーラムbyギリシャ)>

さて梅雨が明けたばかりと思っていましたが早いもので八月も中盤を超えてきました。
甲子園での高校野球が終わるといつも夏の終わりを感じるわけですが、
「時は金なり=TIME IS MONEY」を常に意識しながら先行逃切りな毎日を送っていきたいと考えています。

さて弊社ポジティブドリームパーソンズは今期より新たな中期三カ年計画がスタートし、
現在はその初年度の1Qが修了&2Qが始まった時点というタイミングです。

6月の一カ月を利用して、
■前年までの中期三カ年計画の振り返り、フィードバック
■本年より開始する新たな中期三カ年計画の目的、意味合い、成果物
などを全PDPメンバーに説明を加え、現在もその浸透に僕のかなりの時間とエネルギーを投じたところです。

実はこの中期的な計画を設定してこなくて、
経営を良い意味で短期的な単年志向で経営してきた1997年の会社設立から10年目までのやり方から、
会社経営をざっと3年単位くらいのスケールで廻し始めた2008年から数えて三回目の中期三カ年計画になります。

2008年〜2010年の最初の三カ年のキーメッセージは「身長伸ばさず筋トレしまくる」。つまり、
※売上成長はこの三年間に限り止めてもよし。
※但し本当の勝負はもっと先。今のうちに改革をしておくべき事に手を打つ三年間。
という大きな方針を定め、売上成長よりも収益性、組むべきクライアントや顧客の見極め、新規採用力よりも既存メンバーへの育成力強化などに取り組んだ三年間でした。

そして前回の三カ年のキーメッセージは「筋トレしながら身長伸ばす」。つまり、
※前の三年間で取り組んだ事を引き続き着手し緩めない。
※但しその筋トレで付いた地力を活かしながら売上の伸長にコミットする三年間。
という大きな方針であり、収益性を高めながら売上成長、組んだクライアントや顧客との密着度を更に高め、引き続き社内メンバーの育成を軸に置きながら採用力を維持するという戦い方の三年間でした。

メンバーの努力や多くの皆様の支援もあり、大枠果たしたかった成果の約80%程度は実現できたという手ごたえですが、
課題た打つべき対策も多く顕在化していると僕自身は経営者として捉えており、
今期からの新しい三カ年のキーメッセージは「質と格を上げる」三年間にする方針としました。

具体的には、まずもって「日本NO1の感動創出企業」としての位置付けや権威付けの獲得を重視しており、
「PDPはこの三年間で企業としての質と格がワンステージ上がったな。。」
「PDP感動創出の手法も一つのアプローチの手法としてはアリだよね。。」
などの定性的なコメントや認知、信頼をこの三年間で築く事を第一命題に設定しています。

この実現へのコミットが、最終的には売上や収益性のインパクトに効いてくると見ておりこの三年間で大きな成果と成長を果たしながら、
会社全体の位置付けとして、
■ウエディング専門企業から感動創出企業への脱皮の完成に加え、
会社全体の中身や売上に於いても、
■ウエディング中心企業からフード&べバレジや感動技法を中心とした感動創出企業
へ大きく舵を切る事になります。

この秋から僕自身の海外出張もかなり増える計画です。
是非皆さんの相変らぬご支援とご指導を頂けましたら幸いです。

では皆さん今日も素晴らしい人生の一ページをお創りください!!では!!
posted by 杉元崇将 at 12:50| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

【伝えたい人へ、伝わる花を〜<フラワースタイルブック発売>〜】

こんにちは。今日も人生を楽しんでいる杉元です。

さてこの度PDPのサービスを、より多くの皆様に認知頂く目的として
「THE FLOWERS Impression Note」のタイトルで8月11日に本を出版する事となりましたのでお知らせ致します。
http://www.positive.co.jp/news/files/2014/08/3347c0d804e8aa6ca35c6d73c0bcac38.pdf

PDPでは、レストラン、ホテル、ウエディング、イベント、フラワー、コンサルティングの6事業に事業領域に定めていますが、
BtoBがメイン領域のコンサルティング以外の事業において、
弊社ホテルブランドであるスケープスが、3年連続ミシュラン四つ星を頂けたり、
http://www.scapes.jp/
http://www.positive.co.jp/news/files/2013/12/90516dc367fc8b47619cbca3ea9d11c31.pdf
フラワーブランドであるサンジョルディフラワーズザデコレーターにおいても、フランス政府主催の2013年度フローラルアートアワード大会に於いて日本優勝と世界大会5位の評価を頂けたりと、
http://www.saintjordiflowers.com/
http://www.positive.co.jp/uploads/2013/07/721ecb76cbb975c67b5cfc6b1341c59a.pdf
BtoC領域における様々な努力が少しずつ多くのお客様やメディアのご評価を頂けるようになり、
この度のスタイルブック出版に至りました。

この出版にあたり多くの協力や支援を頂きました皆様には、この場をお借りして心より御礼を申し上げます。

また加えまして、
今後はPDPのレストランやホテルに関する出版を企画を進めて頂いており、また改めてそのご報告も出来れば幸いです。

少しでもPDPのサービスやメンバーの頑張りを多くのお客様に知って頂くきっかけになればと嬉しく存じます。

皆様に於かれましては、引き続き相変らぬご指導とご鞭撻を頂ければ幸いです。

では夏も本番!!明日の台風予想をぶっ飛ばして素晴らしい人生の一ページを創っていきましょう!!!では!!!
posted by 杉元崇将 at 18:59| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

【アンダーズ東京】

こんにちは!今日も人生を楽しんでいる杉元です!!。

ポジティブドリームパーソンズでは第1クオーターが終了し8月1日より第2クオーターへ突入しました。
まさに勝負の第2クオーターです。メンバー一同精一杯頑張ります。
引き続きご指導とご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

さて昨日は、ホテル投資ファンド、ホテル運営会社、サプライヤー様を中心に300名強の皆様がご参加された虎ノ門ヒルズで開催されたカンファレンスフォーラムで登壇させて頂きました。

またその後はハイアットホテルズ様のご厚意に甘え、
6月に開業したアンダーズ東京の内覧とパーティに顔を出させて頂きました。

タバーン.jpg
<アンダーズ東京のダイニング>

スイート.jpg
<スイートの客室>

ベッド.jpg
<このダブルベット2つのツインタイプは新しい!!>

アメニティボックス.jpg
<このアメニティボックスも面白い>

ルーフ.jpg
<スタンディングのみでもド満席になるルーフトップバー>

バーエントランス.jpg
<バーのエントランス>

バー店内.jpg
<バー店内>

集合写真.jpg
<登壇された皆様との集合写真。数多くのご参加ありがとうございました>

僕はアンダーズブランドはニューヨークしか見た事がありませんが、
このアンダーズ東京を見て、他国に比べ破格に投資したであろう投資額の凄さと、
森ビルのアセットマネジメント力の凄さに改めて頭が下がりました。

アンダーズはチェックインカウンターがなく、顧客の自由気ままな気分に合わせてチェックインできるフレキシビリティやセンスがスタンダードですが、
僕が見て大変ユニークでイケてると思ったのがダブルベッドを2つ置いたツインタイプの部屋。
ん〜〜〜この奇の狙い方はセンス良い(笑)。

最後は絶景の景色というより、東京タワーとレインボーブリッジと海の近さが印象的なルーフトップバー。夕涼みしながらのシャンパンパーティは最高でした。
レストランやウエディングパーティが好調なのも納得です。

今度ゆっくり行ってみます。

では皆さん夏も本番。是非体調管理しながら2014年の素晴らしい夏を楽しみましょう!!では!!
posted by 杉元崇将 at 18:17| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

【あなたは右脳型か左脳型か?〜<頭は4つに分解できる!!>〜】

こんにちは!!。今日も人生を楽しんでいる杉元です!!

寺田さん.jpg
<ビットアイル寺田さん。いつも話が楽しい!!>

かき氷.jpg
<かき氷が今年は人気です。最近色々な店のかき氷のネタを仕入れに行ってます!!>

コンフォート.jpg
<福岡のテラスレストランコンフォートハウス。もっと地元に無くてはならない店にしたいと思ってます>


さてついに学生の皆さんは夏休みに入りましたね。
それにしても梅雨がまだ関東地方は空けていないようで、気象庁によれば明日か明後日には関東地方も梅雨明け。これが空ければついに夏本番です。

今年も全てにおいて暑い夏にしたいです!!是非みんなで盛り上げていきましょう!!

さて先日ある方たちと食事をしていたのですが、
その中でよく言われる「あなたは右脳派か左脳派か?」みたいな話をしている中で、
実はこの2つで切り分けるのはざっくりし過ぎた切り分けで、その人のコンピテンシーが見えない。

もう少し以下の4つのような切り分け方で見たほうが自分や人のタイプを認識し易いという話で大変大いに盛り上がり、僕的には「確かに!」「なるほど!」と思ったので以下にシェアします。

具体的には、
■右脳派でさらに右脳的な人(要は右脳の中でも特に右側。つまり完璧な直感的で感覚的な人(笑))
■右脳派だけど若干左脳的の人(大きく切り分ける右脳的。但し全てに於いて直感的で感覚的だが必要な論点も押さえている)
■左脳派だけど若干右脳的の人(大きく切り分けると左脳的。但し感性や感覚的な視点も持ち合わせ押さえている
■左脳派でさらに左脳的の人(ロジカル一直線。分析や整理に長け、感性面は笑顔で逃げる(笑))
という4分類なのですが皆さんどうですかこの切り分け方!!。結構スッキリ分類されている気がしませんか??

以外に単に「右脳」「左脳」とでザクッと2つに分けるより、上記のような4つに分けたほうが人のタイプとして捉えやすいような気がします。

多くの皆さんと話した結果、僕の場合は
■右脳派で右脳的⇒僕は直感的で感覚的だが、ここまでではない
■左脳派で左脳的⇒これはまずない!!(爆笑)
となり残された2つの結果、
■右脳派で左脳的⇒基本的には直感や感覚的な判断が多いが、今のトレンドや傾向又は現在の数字や根拠と強引にでも繋げて今や未来を見たがる
となりました!!(正しいかどうかはわかりませんが(笑))

さて皆さんはいかがですか?

では今日も素晴らしい人生の一ページをお創りください!!では!!


posted by 杉元崇将 at 14:28| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

【同質化も悪くない!!〜<ビジネスカンファレンス「あすか会議」で考える>〜】

皆さんこんにちは!!。今日も人生を楽しんでいる杉元です!!。

シール.jpg
<あすか会議開催直前。PLUS伊○さんと弊社高○のツーショット>

岡島さん.jpg
<この度丸井グループやアステラス製薬の社外取締役に就任されたプロノバ岡○さんのファシリテーションで僕も登壇。ファシリがやっぱり上手い!!>

登壇.jpg
<今回はこんなテーマでこのお二人と登壇しました>

堀さん.jpg
<あすか会議の最後はグロービス堀さんとのツーショット。堀さんは何か太陽みたいな人だ!!>

宮本.jpg
<そして今週はPDP恒例の「いいとも!!」。今月はザランドマークスクエアトーキョーの○本UMと>

さて先週グロービス経営大学院が主催する「あすか会議」というビジネスカンファレンスに参加しました。

今回は10周年という記念すべき開催でMBAを学ぶ現在の在校生の方且つ既に卒業したメンバー含め、何と900名を超える方が参加しての開催でした。

僕も「時代と顧客に求められるサービス創出と従業員満足の向上」というテーマで登壇させて頂きましたが、
キーノートセッションでは衆議院議員の前原さんやカルビーの松本会長など多くの登壇者の皆さんからのインプットで刺激と知見を頂ける意義あるカンファレンスでした。

そうした登壇者の皆さんから得るインプットも多数あるのですが、一方で
※参加者自身の「自発的な意欲の高さ」からくる居心地の良さを誘導する仕掛けの重要性
※運営側の「会の運営の仕方や参加者を巻き込む工夫」による一種異常な盛り上がり感を形成する重要性(笑)
から見て同質化のメリットや入口管理の重要さを改めて勉強できるとても良い機会となりました。

これはこのあすか会議に限らず様々な経営者に加え政治家やスポーツ選手などが集まってのカンファレンスであるG1サミット等に参加してみても感じるのですが、
伝えたいのは「同質化の力強さ」や「同質化の逞しさ」が放つ力の大きさです。

誤解を恐れず言えば、時代はダイバーシティや多様性が求められ、
様々な考え方や捉え方に対し企業や経営者もしくは政治においても受容性や受容力が当然求められる時代となっている訳ですが、
多様性を受け入れれば受け入れるほど(正確には多様性の受け入れ方や捉え方を間違えると)、
思考のばらつきや目線の不一致は発生し、人と人との関係性に「間」が生まれたり「間」が差す状況が生まれかねない。

他方同質化する事は、思考が単純化するデメリットや目線は合うもののマンネリ化するリスクも存在する上で、
「同じ価値観」や「同じ同志観」が形成され、目線が合致するため駆け引きやいがみ合いがなくなり、「いかに貢献するか?」という全員のスタンスや目線に向かい易い。

こういったイベント運営や参加者選定においても会社経営と実は同じだと僕は見ていて、
■会社は「働きやすさ(働きやすい制度やムード形成)」は提供出来るが、「働きがい」は組織や参加者が自発的に実行したり形成することで初めて実現できる
⇒主催者や事務局は様々な仕掛けや仕組みは提供出来るが(申し込み易さや「行きたい!!」と思うようなイベントの仕込みなど)、最後は参加者の「主体性」の誘導が全て(誰かが盛り上げてくれるのではなく自分達で盛り上がらないと意味がない)
■会社は「価値観が合致した人の採用に異常にこだわる」べきであり、「価値観を合わせる仕掛けに異常に投資すべき」。逆に「価値観が合わない人が早めに辞める仕掛けを提供してあげる」べき
⇒MBA入学試験等の段階で「能力も大事」だが「そもそも価値観が合ってるか」の見極めも入学時に大事。

あすか会議は学長の堀さんを中心にグロービス事務局が主催するイベントであるという視点から言うと、このあすか会議ではグロービスが会社で言うところの「経営チーム」。

その上で卒業生と同時に今回登壇者として参加した僕は「ミドルマネジメント」。
素晴らしいのがこの登壇者というミドルマネジメントで「僕何話せばいいですか。。」というバカたれが誰一人いない点(笑)。
常に「どう参加者に貢献するか?」や「どう活かすか?」を全員自発的に考え当日の登壇に臨んでいる。

そして最後に卒業生や参加者の皆さんが「メンバー」。
この人たちも前夜から入って場の温度を事前に温め始める。しかも自発的な自費で。この辺の勝手に爆走して盛り上がるメンバーが会社に多数いれば流石に強い!!

ジェームスコリンズのビジョナリーカンパニーではないですが、
「誰をバスに乗せるか」や「弾み車(一度良い方向に動き出すと勝手に走りだす)」事の大切さを改めて感じたのがこのあすか会議の参加でした。

同質化は悪くない!!。むしろ武器!!。
僕はそう考えています。

では皆さん今週も素晴らしい人生の一ページをお創りください!!では!!


posted by 杉元崇将 at 13:46| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月04日

【「優秀か?」と「好きか?」のWITHな関係〜<会社好感度の重要性>〜】

こんにちは!今日も人生を楽しんでいる杉元です。

さて今日はいきなり本題に入りますが、「優秀か?」と「好きか?」の相関関係からみた個人や企業の【好感度】について述べたいと思います。

追ってこのブログでも記載しますが、PDPは今期より新たな中期三カ年計画を開始しました。

大きなキーメッセージとしては「質と格を上げる三年間にする」という事であり、
会社としての質(クオリティ)と格(ステータス)にフォーカスを充て、
多くの皆様に「ポジティブドリームパーソンズはこの3年間でワンステージ引き上がった」と感じて頂く事を目指しています。

この「ワンステージ上がった」という事はもちろん先述の通り質と格が上がった状態を指しているのですが、
これを実現する上で重要な要素となるのが、「会社としての優秀さ」と「会社としての好かれ方=会社好感度」の2つだと見ています。

PDPでは採用においても今までの経験に加え成長できる伸びシロがあるかの<優秀さ>を吟味しながら、
且つ理念共感度やビジョン共感度などの「目指すべき方向性や価値観の合致感」を、
特に「踏み絵」に近い状態で<PDPに共感出来そうか?=好きか?>を吟味した採用を行っています。

これはPDPに限らず最近IT企業としても活躍目覚ましい楽天さんやサーバーエージェントさんなどにおいても、
※個人としての優秀さを見極めながらも、
※そもそもこの会社や仲間を好きになりそうか?(逆説的には今いる仲間もその個人を好きになれそうか?)を吟味しながら強い組織や強い企業文化の形成を実現されているように僕には見えています。

ここで伝えたいのは、
※「優秀さよりも好きか?」という構図よりも
※「優秀さを備えた人をいかに好きにさせるか」という構図の実現による、質と格を引き上げです。

例えが稚拙なので(笑)先にお詫びしますが、男性的に言えば、
※「美人さよりも愛情の量」という、VSの構図よりも
※「美人な人にいかに愛情量を上げてもらうか?(笑)」というWITHの構図です。

自社でもリーダーには「人望がある」事を期待しており、
つまりは「あのリーダーを男にしたい!!」「あの人の日々の頑張りや妥当な判断を見ていると信頼出来る」などという人望です。

「人望がある人」は「共感出来る人」と同義であり且つ「愛される人」であり「好感が持てる人」だと僕は思います。
会社に置き換えても同じ。先述の楽天さんやサーバーエージェントさんのように「愛される会社」や「好かれる会社」になると、今の時代は社員にだけでなく顧客からも好かれ始める好循環なメカニズムを生むと感じます。

確かに優秀さは必要。
だからこそこの優秀さと共に人望や好感度が重なって「共感出来る」や「好感が持てる」と思われる事が個人としても当然なように企業としても大切だと思えます。

では皆さん今日も素晴らしい人生の一ページをお創りください!!では!!
posted by 杉元崇将 at 12:23| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

【代表取締役担当者VS代表取締役経営者〜<楠木健さんの「戦略ストーリ」を学ぶ>〜】

こんにちは!!今日も人生を楽しんでいる杉元です。

TKP.jpg
<先週は今や貸会議室業界で断トツのTKP河野さんと対談>

サービスマネジメント.jpg
<グロービス経営大学院のサービスマネジメント。PDPの海外進出の取り組みがケースになりました>

楠木.jpg
<楠木健さんの新書。皆さん是非!!>

さて先日「ストーリとしての競争戦略」で有名な一橋大学院教授の楠木健さんをご紹介賜り、講演を拝聴する機会に恵まれました。

楠木さんは先述の著書が非常に有名ですが、今回お話を聞くにあたって大変参考になったのがタイトルにもある代表取締役担当者と代表取締役経営者の違いに対し、違いをもたらす事の必要性であり納得感がありましたので皆さんに共有します。

簡単に言うと、僕の理解で言えば
「スキルは磨ける。しかしスキルを磨く事よりもセンスつまり経営センスを磨け!!」という事です。

もっと分かり易くいえば、
◆代表取締役担当者
⇒スキルが軸。代替が効く。スキルが売り。「ITスキルがあります」「コンサル経験があります」などもスキルであり、どちらかというと経営者を支える担当者向き。事業を大きく回そうとすると担当者になってはいけない。妄想やストーリー構成力が弱い。機能別組織的。
◆代表取締役経営者
⇒センスが軸(ここでいうセンスとは「経営センス」を指します)。中々代替が効かない(市場にいない)。ビジネスを構造化するセンスが売り。「野菜屋の経営できます」など事業は何であっても経営できるセンスがある。事業を大きく回そうとすると商売センスのある経営者感覚が大切。妄想やストーリー構成力が強い。トップダウン的。

楠木さんの基本的な競争戦略の骨子は、
「競合他社との違いをつくる」事や「ストーリーとして点でなく線で繋げる」事が肝だと理解していますが、
この「違いをつくる」事や「ストーリーを構成し線で繋げる」事という脚本家や構成者のような、
「構造化出来る総合プロデューサー」のような人が経営者であり、
営業系に強い社長や財務上がりの社長という担当者上がり的では代表取締役担当者的な構想しか出来ないというのがポイントだと僕は個人的に理解しました。

こんな楠木さんの言う代表取締役経営者って「では誰がそれに該当するの??」となると思いますが、
これが新書の「好き嫌いと経営」という本で取り上げられており、例えば
元マクドナルドの原田さんや、日本電産永守さんや、ローソン新波さんなどが商売センスのある経営者として取り上げられているようです。

皆さんもぜひ!!
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E5%A5%BD%E3%81%8D%E5%AB%8C%E3%81%84%E3%80%8D%E3%81%A8%E7%B5%8C%E5%96%B6-%E6%A5%A0%E6%9C%A8-%E5%BB%BA/dp/4492533443/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1404014621&sr=1-1&keywords=%E5%A5%BD%E3%81%8D%E5%AB%8C%E3%81%84%E3%81%A8%E7%B5%8C%E5%96%B6

では今日も素晴らしい人生の一ページをお創りください!!では!!







posted by 杉元崇将 at 14:01| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

【リトリート〜<携帯の通じない北海道の山奥で団結力を磨く>〜】

こんにちは!。今日も人生を楽しんでいる杉元です。

リトリート3.jpg
<北海道。新千歳空港より車で約2時間強の場所にある「小屋」。今回はここでリトリート研修>

リトリート5.jpg
<真横に流れる小川。とにかく水が綺麗ですが冷たい^^>

リトリート4.jpg
<別荘ではないので掃除から全てを自分達で。写真は薪風呂>

リトリート2.jpg
<初めて水陸両用車を運転。動きは戦車ですね。森の中をこれで木をなぎ倒しながら走ります>

リトリート1.jpg
<小屋の中の囲炉裏。自分達で火をおこし自分達で調理します>

リトリート6.jpg
<ホーストレーニング。馬と向き合い馬との信頼関係を構築するプログラムにも参加>

さてサッカーのワールドカップも予選が佳境を迎えており大いに盛り上がっていますね。
我が日本代表は苦戦を強いられていますが、その試合やメディアの声を聞きながら、
※「初戦の大切さ(初戦を勝つと負けるでこれほどの差が出る)」
※「先行逃げ切りの大切さ(一度ムードが逆境になるとキツイ)」
の重要性を痛感しており、ビジネスとも近いな〜と思いながら見ています。
第三戦のコロンビア戦も応援したいと思います。

さて先週経営者仲間の方々とのリトリートを北海道で開催しました。

リトリートとは、日常生活や社会生活から離れ自然に触れたリラックスした環境の中でお互いを高め合ったり磨き合うプログラムで、
腹を割った会話や議論などを通じチームの団結力や信頼力を高めるプログラムです。

今回は別荘のような恵まれた環境(?)でなく、
いわゆる何から何まで自分達で調達したり準備をしながらという機会でしたが、
お互いと向き合う時間や自然と向き合う時間を持つ事を通じ、更に高い信頼関係や普通の時間がない中では構築できない議論をする重要性を再勉強できる機会となりました。

こういったリトリートを自然豊かな場所というコンディションの中で会社メンバーと行ったりする機会を持った事はありますが、
父子でこういった機会を取られる方も多数おられるようで、信頼関係を構築する場の設定や演出の大切さを痛感する事が出来ました。

様々な勉強や議論をする訳ですが最後のゴールは「信頼関係の構築」。とても良い時間でした。

最後は40歳代の大人で水陸両用車に乗って山や川を探検したり、乗馬をしながら北海道の自然も満喫。野生のシカやキツネとの出会いもあり日本の雄大さも再確認できる時間でした。

では皆さん今日も素晴らしい人生の一ページをお創りください!!では!!












posted by 杉元崇将 at 13:24| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。