2015年06月28日

【ブログ移行のお知らせ!!】

ポジティブスイッチブログをお楽しみの皆様!!。

ポジティブドリームパーソンズ杉元です。以下のサイトにバージョンアップ致しました!!。

是非ブックマークの変更をお願い致します。今後ともよろしくお願い致します!!。
http://positiveswitch.positive-dream-persons.com/
posted by 杉元崇将 at 12:19| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【人生にメンター(相談者)を持つ喜びとは?〜<EOメンターシッププログラム>〜】

こんにちは!!。今日も人生を楽しんでいる杉元です。

メンター.jpg
<9カ月間のプログラム。飯原さんありがとう!!>

さて皆さん、「メンター」という言葉をご存知ですか?。
言葉として聞いたことがある方は多数いらっしゃると思いますが、メンターとは和訳すると「相談者」です。

実は僕も40歳前後に、仕事の悩みや会社を成長させる過程の上で2年間ほどメンターの方に力になって頂いた事がありますが、
僕のイメージで分かりやすく事例を例えると、スターウォーズで言うところの、

■メンターとは、「ヨーダの役割」
⇒今までの経験や知見をもとに、後輩や成長すべき人材に自分の経験をシェアしたりアドバイスを行う事でメンティを支援・応援する
■メンティとは、「ルークスカイウォーカーの役割」
⇒あくまで主役はメンティ。メンティ自身が成長したい意欲を中長期的に持ちながらも、経験や知見がまだ足りていない中でメンターに壁打ちしながら進むべき道や判断すべき基軸を「自分で自ら考え見つけ出す」
みたいなイメージです。

会社で言うところの、若い経営者に(メンティ)、社外取締役や相談役(メンター)が着く感じですね。

30歳代後半や40歳前後の当時の僕は、やる気はあるもののまだまだチームをまとめるスキルや人望も不足し、且つ戦略策定やビジョン形成においても、僕自身自分の力不足を痛感する毎日でした。

そんな中で、経営者としては中々社内に相談出来ない判断や悩みを当時のメンターに相談する事で(正確にはメンターに壁打ちする感じ)、随分自分のやりたい事や自分に不足しているロジックや組み立て方などが顕在化出来たのを今も憶えています。

今回僕も所属する起業家団体組織であるEO(アントレプレナーオーガニゼーション)での取り組みの一環として、僕は人生で初めてメンターという役割を担う事となり、
http://www.eojapan.org/
そのメンティはパスクリエイト飯原社長と一緒に、
2014年11月〜2015年6月までの9カ月間を月に一度の報告会の形で進めていきました。
http://recruit.pathcreate.co.jp/interview/ceo.html

人生で初めてのメンターでしたが、大変大きな学びや多くの気付きを得ることが出来ました。具体的には以下です。

■メンターシッププログラムは、「最初のゴール設定が全て」
⇒「あるべき姿」や「なりたいゴール」を最初に明確にしておく。
ビルでいう納期や外観を最初に明確にして着工するのと同じ。やりながら決めるはNG。効果が薄い。

■月次報告は、その「ゴールを逆算したKPIチェックと、壁打ちの2つに絞る」
⇒納期と外観が明確になったビルの工程進捗が順調なのかどうかのチェックに絞る。悩みや経験はシェアするが、決めるのはメンティ自身。メンティの意志で決めさせる。

■自社の組織マネジメントでも「使える」
⇒僕は2009年〜2012年までグロービス経営大学院でMBAを学んだわけですが、その時にリーダーシップ論において岡島悦子教授から「4つのリーダーシップスタイル」を学び、大変大きな気付きを得たのを今でも憶えています。
具体的なポイントは「人のタイプを4つに分類」したのではなく、「リーダーシップのスタイルを4つに分類」している点がミソでした。

詳細は割愛しますが、僕が学んだ4つのリーダーシップとは、
※指示・命令型
⇒目標達成に重きを置き、上位下達的で部下は育ちにくい
※指導・参加型
⇒ハンズオンリーダー。一緒に悩み一緒に動く。または自分の経験をシェア
※委任・達成型
⇒自走型。大きな方向感だけ合致したならばあとは任せ業績をみる。コンサルティングファームなどで活きるリーダーシップ
※支援・説明型
⇒スターバックスのように共感に訴え、価値観で人を動かす組織やリーダーシップ
の4つです。

その上で、「メンターという役割のリーダーシップはこの4つのどのスタイルだろう??」。

僕は今回メンターを引き受けるにあたって最初に考えた自分への問いがこれでした。

その上で、「指導・参加型が最もメンターシップをスムーズに進めるスタイルだな!!」と考え、一緒に悩み一緒に考えながら、経験をシェアしながら、最後はメンティ自身が決断を果たしていくというリーダーシップスタイルを「選択」しました。

自社の業種、自社の経営ステージ(創業期、成長期、衰退期など)、自社の組織(若手が多い、転職組が多い)などを踏まえ、自分の得意不得手でなく、リードすべきリーダーシップを機能的にチョイスしながら「演じる」。ここはこのメンターシッププログラムは勿論ですが、自社のマネジメントスタイルでも充分に活用できると感じた次第です!!。

では今日も皆さん素晴らしい人生の1ページをお創り下さい!!。では!!。
posted by 杉元崇将 at 12:18| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

【エバンジェリストを応援し、繁殖させる!!〜<ロングラン表彰という取り組み>〜】

こんにちは!!。今日も人生を楽しんでいる杉元です。

ロングラン.jpg
<今年のロングランメンバー!!。おめでとう。これからもPDPの歴史と未来を語るエバンジェリストへ!!>

さてPDPでは今週より「経営行脚」という年に一度の方針説明会がスタートしました。

2008年より開始したのですが、このタイミングから、
■年に一度の方針説明会を「イベント的に盛り上げた全社一同で開催する場」から「現状や方針をきちんと伝達し経営と現場の一貫性を持たせる場」へ変更したのに加え、
■新卒採用を開始。「即戦力」に加え「未来のPDPの共感者の発掘と育成」に軸足を移す
■「いいとも!!」と「呑む会」という社内コミュニケーションを開始。組織が拡大する中で、経営チームとメンバーの目線合わせとコミュニケーション密度を高める機会を提供
■週間での業績管理ミーティングを開始。それまでの月間では打ち手が遅れるリスクを経営側が早めにキャッチアップすると同時に、ミドルマネジメントがノウハウを共有できる会議体を設計
■PDPカレッジという社内大学の運用を開始。優秀な人財を「外から獲る」より「自前で育てる」事に方針を変更
など、挙げればもっとあるのですが様々な策を投入し、

■この2008〜2010年を「身長伸ばさず筋トレしまくる」という中期三カ年計画に設定し、
新規出店や新規事業開発を中止しながら、既存事業や既存店や既存メンバーの地力アップに集中する三年間とし次のジャンプに備える第二創業期に設定、
■2011〜2013年を今度は「筋トレしながら身長伸ばす」という中期三カ年計画へ。
⇒ウエディング専門企業から日本NO1の感動創出企業への進化を目指し、6つの事業領域を「それぞれ伸ばしながら」「お互い相乗効果を果たす」為の事業戦略や組織戦略に大きく変更、
■2014〜2016年の現在は「質と格を上げる」という中期三カ年計画を投入。
⇒PDPの認知度や品質、クオリティ、評判などを真剣に高め、
この三年間で成長と拡大を図りながらも(量の拡大)、PDPの質や格をワンランク引き上げる事(質の向上)の同時実現に取り組んでいます。

その中でPDPはその実現に向け、
実はここ数年かけて人財の育成体制や経営管理体制や事業推進体制などのバックオフィス組織の強化やITシステムなどに対してもかなりの投資を組織的に行っているのですが、
このヒトやカネをかけた組織的な投資に頼るだけでなく、
■PDPの歴史や未来を語るにふさわしい社歴を持つ人財や、
■PDPの歴史や未来をを語るにふさわしい人望を持つ人財を
言い方を選ばず言えば、
・もっと見える化し、
・もっと腹の据わったリーダーとして鍛え、
・もっとエバンジェリストとしてPDPを語る伝道師としての役割に責任をもっつて担ってもらう。

昨期よりPDPでは、
入社10周年を迎えてくれたメンバーを「ロングラン表彰」として全メンバーの前で表彰し、
今までの頑張りに心から感謝とお礼をすると同時に、今後の益々の期待を込めています。

事業の成長や経営の成長に対して、組織の成長や人材育成が後手後手になるのがサービス業。
今はここを遅れるどころか先手を打って先行逃げきる感覚で僕なりに経営を実行しています。

今後は、これまで選ばれたロングランメンバーと年に一度全員で集まって懇親を実施する企画に加え、
PDPとお付き合い頂いているパートナー企業の皆様でロングランを迎える会社様への御礼や表彰の検討、
そしてPDPで結婚式を挙げられたお客様の10周年を何かしらの形でお祝い出来ないか。。
などを現在起案を社内で検討をしているところです。

では皆さん今日も素晴らしい人生の一ページをお創り下さい!!。では!!。
posted by 杉元崇将 at 13:00| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

【SHIFT THE FUTURE 2015〜<失敗を恐れない勇気で取り組む>〜】

こんにちは!!。今日も人生を楽しんでいる杉元です。

LBL.jpg
<ロサンジェルスバルコニーのランチ。多くのお客様にご愛顧頂き本当にありがとうございます!!>

TLS.jpg
<ザランドマークスクエアトーキョーのガーデンカフェのテラス。まるで海外のようで多くの皆様にご愛顧頂き重ねて感謝申し上げます!!>

さてPDPは現在「質と格を上げる」三年間とした中期三カ年計画に取り組んでおり、今期はその二年目となります。

ここで言う「質と格」とは、
■「PDPの料理やサービスがこの3年を経てワンランク上がったな〜」という声や
■「この3年を通じて、PDPの認知度がワンランク高まったな〜」という声
などの高まりを実現出来るような3年間にしよう!!という取り組みであり、
海外事業や新規事業などにおいても新たな取り組みや差別化戦略を投じています。

その上で、この中期三カ年計画の実現を確実なものとする為の今期の全社プロジェクトがこの「SHIFT THE FUTURE 2015」というタイトルであり、具体的には

■顧客感動度の引き上げや顧客に必要とされる会社に進化する為の戦略的目標や(顧客利益)
■PDPメンバーがより高い帰属意識や誇れる会社になる為の戦略的目標や(社員利益)
■会社の売上や収益性、ノウハウの集積性を高める為の戦略的目標(会社利益)
など、現在PDPが重視している上記の3つの利益に「社会利益」を加えた「4つの利益」の充実さとチャレンジ策を投じるプロジェクトです。

とは言えこういったチャレンジや挑戦には失敗がつきもの。
今回はPDPの企業理念の中にもある「失敗を恐れない勇気を持って取り組んでほしい!!」と喝を入れています。
非常に新たな取り組みと、ユニークなアイデアも多数既に生まれ始めています。

是非とも大きな期待と叱咤激励を引き続きPDPに頂ければと存じます。
経営チームの100歩より、メンバーひとりひとりの1歩の総和が、会社を動かす原動力となり活力となる。そう僕は信じています。
引き続きよろしくお願いします!!。

では今日も素晴らしい人生の一ページをお創り下さい!!。では!!
posted by 杉元崇将 at 18:00| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

【TV会議の有効性〜<フェイスtoフェイスにはこだわり、デジタルで済ませる勇気を持つ>〜】

こんにちは!!。今日も人生を楽しんでいる杉元です!!。

5月は夏並みに暑かったですが、6月に入って湿気を感じる季節になってきました。
いやな季節ですね。。

平日は雨でも仕方なしとして(笑)、是非週末は是非その分晴れて欲しい。切に願います!!。

さて今日は、
「TV会議の有効性」と「出張の必要性」について僕なりの考え方を述べたいと思います。

結論から言うと、
■「TV会議は投資してでも最大限有効に使った方が良い」
■「セブン&アイ鈴木会長並みとは言わないがフェイスtoフェイスは非常に重要。
だから出張は歓迎だが上司が思っているより現場の負担度は高まる(=生産性は上がるようで下がる)事を知っておこう」
という2つの考え方を過去の経験から僕なりに持ち合わせています。

実はPDPではもう7〜8年前になると思いますが、
全国のGMとUMというミドルマネジメントを毎月一泊二日の出張で東京に呼んでの会議を実施していました。

その他においても何かにつけて「会議を全員で集まって行う」傾向が特に僕自身に高く、
社長である僕としては費用はかかるものの、
■ミドルの顔や表情を直接見れるから、そのミドルの理解度ややる気を認識できるから良い
■当時は特に部分最適よりも全体最適が重要だったので(=当時は全社目線が揃わず会場目線や地域目線が強かった為)全社戦略の浸透に相当の時間をかける必要があると考えたから今は仕方ない
と「メリットが多い」と判断し、
『出張してダイレクトに顔と顔を合わせながら目線や戦略を合わせる事』に時間と費用をかけていました。

一方でその弊害として、
■上昇すると思った売上は逆に下がった(適切な意思決定者が現場を離れた事により後手に回った)
■お客様のサービスにリアルタイムでの対応が遅れるようになった(上に同じ)
■離職が増えた(いて欲しい時に上司がいない)
という事態が逆に起こり、
そのタイミングを迎えてから全社での会議の再設計を行うと同時に、
かなり部門単位や室単位の会議やスケジュールを僕自身もかなり見るようにしながら今を迎えています。

基本的に、会社とは、
■「会議を集まって行いたがる傾向が高い」
■「出張してでもアナログで集まった方が効果が高いと考える傾向が高い」
と僕は思います。

だからこそ「どうしても目線を合わせる=フェイスtoフェイスがベスト」と考えがちですが、
全てをこれで賄おうとすると先述の通りのリスクに実は対応出来そうで出来ない事も起こる。

そこでPDPでは、当時かなり会議体の設計を見直し、具体的には、
■年に一度の経営方針の伝達は「経営チームが各エリアを行脚するスタイルに変えた」
⇒以前は全社で一泊二日。経営チームの負担度は増すが現場の負担度は逆に下がった
■週次のミーティングと月次のミーティングを「全てTV会議に切り替えた」
⇒当時は「アナログのフェイスtoフェイス」へのこだわりが高く反対意見も続出。今は「デジタルのフェイスtoフェイス」でほぼ問題がない
■Qごとのミーティングを「新たに投入」
⇒ここだけ全社ミドルが一堂に集まる「アナログのフェイスtoフェイス」を新設。その代わり難しいコンテンツは省き、同じ事を徹底的に繰り返す「再確認の場」として参加者の負担度を軽減するよう設計

現場に近づけば近づくほど出張してでも全員が集まる会議を設けたくなる気持ちは、僕もそうだったのでわかるのですが、
実は効果や生産性という観点では上司が思っているより限定的だと悟りました。

そういった意味では是非皆さんの会社や部門でも、
■会議が有効に機能しているか?の確認や
■TV会議に投資して生産性を高める可能性の検証
を進められることをお薦めします。


特にTV会議の生産性は非常に有効だと感じており、特にその有効性で見るべき観点はズバリ2つだと感じています。

1)TV会議システム自体の「パフォーマンス」
⇒最近はブイキューブさんに代表されるように非常に優れたシステムが出来てきました。
また僕は個人的にもスカイプをかなり愛用します。会社の業務ツールとして適正があるかは皆さんの判断ですが、数名で目線合わせするのは全く問題ない無料ツールです。
これを経営に組み込むと、出張コストや時間も含め、膨大な投資原資となります。

2)ファシリテーターの「能力が重要」
⇒実はTV会議を機能的に進める中で最も重要だと思うのがこのファシリテーターの能力です。逆に言うと、
※「ファシる力が弱い」
※「話のロジックが弱い」
※「何を言っているのかよくわからない」
などの人がファシリテーターを務めると、
参加者のパフォーマンスが落ちるのは当然ですが、だからこそ「TVではなく出張して集合!!」となりがちです。

最近ビジネスパーソンは勿論ですが、
経営する人やミドルマネジメントにも、
ロジカルに考える力やクリティカルに構造化する力が必要になってきていると強く感じます。

ファシリテーションする力とは、まさにこのロジカルに考える力やクリティカルに考える力です。
この「TV会議の力」と「ファシリテーションの力」を有効に経営に活用する。
僕も常にここは意識を高めたいと常に感じています。

では皆さん!!。今日も素晴らしい人生の一ページをお創り下さい!!。では!!。
posted by 杉元崇将 at 14:56| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。