2015年02月22日

【起きた事は全て正しい〜<他責× 自責○>】

こんにちは!!。今日も人生を楽しんでいる杉元です!!。


写真.jpg
<「人に感動して頂ける会社であること」。素敵なプレゼントありがとう!!>


先日僕も入っているEOという集まりの中のカンファレンスで、
http://www.eojapan.org/index.html
「スマートゴール」という目標設定と立てる機会があり、
その中で僕は2015年12月までのゴールを4つ定めました。

その中の2つは会社の事とプライベートな事なのですが残りの2つは以下の2つとしました。

◆毎月20kmを走る
⇒これは普通にいけば毎月到達するゴールなのですが、「今月は雨が多かった」「今月は出張が多かった」などと、自分を正当化する理由を立てて言い訳しながら途切れる月がありました。
ここでは「12月まで毎月継続して20kmを走る」という継続性をゴールにしました。

◆体重を69.9kgまで落とす
⇒ベストは72kgなのですが、年末から会食などが立て続き若干太りました(笑)。
40歳強で一度体重を落としたのですが、12月までに再び60kg台に戻す事をゴールにしました。

要は体調管理ですね^^。
新たな目標が出来ました。益々張り切っていきたいと思います!!。

さてこれもその際のカンファレンスでの言葉なのですが、ある経営者が言っていた言葉が今日のタイトルの「起きた事は全て正しい」です。

僕の理解で言うと、
「目の前に起こった事や発生した事実は、全て自分が導いた事実であり且つ自分の運命である」という捉え方です。

往々にして我々は、
◆上手くいかないのはあいつのせいだ!!
◆廻りは幸せなのに俺だけ不幸だ!!
◆あいつがもっとしっかりしていれば、私がこんな目に合う事はなかったのに!!
と、知らず知らずのうちに、自分を正当化したり、依存したり、相手を否定したり、自分の運命を悲劇的に捉えたりもします。

そうではなく、
◆上手くいかないのは自分の指導や歩み寄りが足りないのだ
◆自分だけ不幸なのは自分の努力や鍛練が足りていない
◆あいつがもっとしっかりするように、私ももっと前に支援しておくべきだったかもしれない
と捉えるセンスです。

相手が存在しての事なので全てがその限りではないと思いますが、
まずは自分においては他責でなく目の前に起こったことを自責で捉え、自分を高める。

起こったことは全て正しい。

◆「自分を中心に地球は回っている」と捉えるセンスか、
◆「地球が回っている中に自分は生かされている」と捉えるセンス。
この違いは、多くの僕の読者の皆さんは良く理解できるセンスだと思います!!。

僕にとって改めて再確認出来る素敵な言葉でした。

では今日も皆さん、人生の一ページを楽しんでい下さい!!。では!!。


posted by 杉元崇将 at 16:31| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

【苦労7割+歓喜3割=人生は楽しい!!〜<48歳の誕生日を迎えて思う事>〜】

こんにちは!!。今日も人生を楽しんでいる杉元です!!。

結婚式1.jpg
<先週土曜日はPDPメンバー同士の結婚式へ。同志の幸せは本当に嬉しい!!。おめでとう!!>

結婚式2.jpg
<新婦の犬○が前髪切ってたな〜〜>

誕生日.jpg
<誕生日を祝ってもらいました!!>

刺身.jpg
<会食等での刺身も旨かった!!>

誕生日2.jpg
<サプライズ。幸せだ〜〜!!>

という事で今週も素晴らしい人生の一ページでした。

少し自分の話をいきなりさせて頂きますが。。。

◆僕は会社でも特に社長室などの個室が欲しいと思ったことがなく
(造ろうと思えば造れるのですが(笑)、メンバーと同じ視点や視野でビジネスや組織の手触り感を掴みたいという考えの方が強い)、
◆且つアポイントをかなり入れ込みすぎる癖があったり、
◆特に秘書なども自分に付けていないため、
(これも付けようと思うと付けれるのですが(笑)、秘書の為に仕事を作ってしまいそうな自分がいてそれはそれで無駄に見えて仕方ない。)、

こんな感じで毎日の仕事を過ごしているため、中々自分の時間や一人でビジネスを構想する時間が取れない事への打開策として、
◆15分とか20分とかですが週五回ほどの早朝のランニング時間という短いながらも自分の一人の時間確保や
◆その後シャワーを浴びる15分とか20分の時間という短い一人の時間確保や
◆出張時や移動中の電車内での短い一人の時間確保
などを組み合わせながら約、ときどき取れる短い時間でグルグルと色々な事を考えたり構想したり妄想したりしています。

そんな中で45歳を迎えた位から、
「オンとオフとも全力疾走しながら、もっと人生をストレスなく楽しんで生きることが出来るだろうか?」と考える事が多くなりました。つまりストレスが苦痛に感じ始めたのです。

その結果としてたどり着いたのが、
◆人間関係のストレスを極小化する(逆に言うと気持ちがいい人との関係を増やし、会社でもそういう人を今後は採用し配置する)
◆仕事関係のストレスは最適化する(苦労や努力は7割位あった方が良い。その上での達成や歓喜3割位のバランスが、実は達成感ややりがいを最も感じると気付いた。嬉しい事や良い事だけでは人生は楽しめない)
◆その歓喜や喜びを一人で満喫するより、仲間やチームや同志で満喫し合った方が人生は楽しい
の3つでした。

つまり、
◆人間関係をスムーズにする努力もそうですが、そもそものそういった配置、採用にこだわる
⇒良い意味で「境界線の明確化」
◆1キロ走完走よりマラソン完走の方が辛い。でもゴール時の喜びは数十倍嬉しい。達成感満載
⇒「努力の先に歓喜あり」
◆マラソンも良いが箱根駅伝もグッとくる
⇒「一人で今を変える」から「チームで日本を変える」
みたいな楽しみや喜びの醍醐味、大切さを、この年にしてやっと明確に気付け整理できた気がします。

特に48歳というオッサン化(笑)してきていることもあるかと思いますが、
「苦労は買ってでもしろ」という意味がこの年になってジワジワと理解できるようになって来た気がします。

感動創出企業として日本NO1を僕は早期に実現します。
また多くの誕生日メッセージやコメント、そしてプレゼントありがとうございます。本当に嬉しかったです!!

皆さんこの一年も引き続きよろしくお願いします!!。
では今日も素晴らしい人生の一ページをお創りください!!。では!!。

posted by 杉元崇将 at 15:41| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

【腹の据わったミドル100名計画〜<未来の人財へ圧倒的な投資を>〜】

こんにちは!!。今日も人生を楽しんでいる杉元です。

2014年の12月も忘年会が立て続きましたが、2015年1月も何かと予定が埋まった月間でした。
「少しアポイントの数入れ過ぎかな。。。」と悩む時もあるのですが、今年はこのペースで走り抜こうと決めています。年男の一年、頑張ります!!。


いいとも.jpg
<今月の呑む会。今回は5月にオープンするロサンジェルスバルコニーの○上GMと>


さてPDPでは今期より新たな中期三カ年計画を開始しています。

大きなテーマは「質と格を上げる」とする3年間と定義しており、
その具現化に向けて現在様々なプロジェクトが同時に動いています。

よってメンバーとも今年は数多くのプロジェクトを一緒に回しているのですが、
来期から僕が参画するプロジェクトも実は倍増させ、益々このPDPにおける「質と格を上げる」事の実現にコミットして今まで以上の時間と熱量を投じたいと考えているところです。

加えて実は僕のこの3年間の裏テーマとして「未来のPDPを創るメンバーを100名創る」という事に、大きな意思をもって臨んでいます。

社内ではこれを「腹の据わったミドル100名計画」と言語化しています。

会社の組織は、
<経営層><ミドルマネジメント層><メンバー層>の大きく3つで構成されるというのが僕の組織に関する大きな考え方なのですが、
■実は組織や事業を日々の運営として廻しているのは<ミドルマネジメント層>であり、
■実はサービス業において一番重要なレイヤーなのがこの<ミドルマネジメント層>。ミドルこそが経営の肝。
と僕は考えています。

この強化に向けた具体的な策を導入しながら、僕自身も様々なメンバーとのプロジェクトや会議体や吞み会等で同じ空気の中で議論や意思決定をしながら、未来のPDPを創るメンバーの育成に励む。

そのことを通じて、
■2017年移行の経営を実行する組織の準備・強化・選抜の3年間
■成長過程におけるこの3年間で80名から110名に増員する予定のミドルマネジメント層の強化・配置・育成の3年間
に向けていくために、
「血の濃さを薄めない」「ノウハウの共有化の深耕」「意思決定する力の育成」「自分の言葉でPDPを語る重要性」「PDPらしさの確認」「PDPらしい人財での経営」「この会社に帰属することの意義の確認」などに時間をかけながら、
2020年に向けた【進化ある脱皮】を繰り返しながら成長をしていきたいと考えています。

では皆さん今日も素晴らしい人生の1ページをお創りください!!。では!!。

posted by 杉元崇将 at 15:20| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。