2014年12月28日

【2014年もありがとう!!〜<今年最後のブログです>〜】

こんにちは!!。今日も人生を楽しんでいる杉元です。

今日は今年最後の都内施設の週末見学。
28日の今日はどのレストランも多くのお客様にお越しいただいていましたが、
この日曜日にも披露宴を承り且つ結婚式を挙げて頂く多くのお客様の見学会が開催されていました。

その後僕はオフィスに戻り、
ブライダルサロンの見学や社内打ち合わせをしながら一年の手帳を見返しながら今年を振り返っています。

◆1月
⇒多くの案件や商談の打ち合わせが多かったのが年始の1月。
最終的には既存事業へのヒトモノカネの投資と、絞りに絞って今年はグラナダスイート福岡の増設と、
http://www.granadasuite.com/fukuoka/restaurant/onatable/
既に発表済みの2015年の2案件の新設に方向を固めました。
http://www.positive.co.jp/news/files/2014/12/f0406bea349c1d41f0089ad3915d28a71.pdf
http://www.positive.co.jp/news/files/2014/12/83ff0fd4779262b49165803ebb7f041b.pdf

◆2月
⇒出張が多かった2月。且つビジネスでは雪に大いにやられた月でした(笑)。ドカッとスゴイ雪でしたね。。
また次の中期三カ年計画の骨子をほぼ固めたのがこの月でした。

◆3月
⇒新卒採用真っ盛り。正直に言うと今年は今までに比べ本当に苦戦しました。よって4月までかなりの時間を新卒採用にシフトした一ヶ月でした。

◆4月
⇒PDPメンバーの頑張りで良い結果で期末を迎えたのが4月。
このあたりから2014年5月から始まる新中期三カ年計画の浸透の準備や経営行脚の準備にどっぷり社内で時間を使いました。

◆5月
⇒昨年より入会したEOの統括理事に任命頂きその日本での戦略合宿とグローバル戦略の議論でギリシャへ。
新たな中期三カ年計画スタートのタイミングと合わせ、現在の韓国に加え海外出張の比重をアップするスケジュール体制へ今期より変更し始めました。

◆6月
⇒北海道へ行きながら、本年度より導入されたグロービス経営大学院サービスマネジメント科目のケースにPDPが採用。その見学などに時間を取りながら新たな社内プロジェクトをここで大きくキックオフさせました。実現すればPDPの質と格がワンランク引き上がる壮大なプランです。

◆7月
⇒グロービス経営大学院「あすか会議」に参加&月の半分が出張。暑い夏でしたが何とか体力維持しながら乗り切りました。

◆8月
⇒アンダーズ東京で開催されたホテルセミナーで登壇。メンバーの頑張りで非常に良い結果を維持するも多発する大型台風にやられる。。

◆9月
⇒シンガポールへ。且つEOで今年から新規導入するメンターシッププログラムの導入デリバリーにこの月は多数の時間を使う。また経済同友会分科会でのスピーチと今までとは違う緊張感で仕事をしました(笑)。

◆10月
⇒国内出張と韓国出張。そして半年に一度の経営チームとの経営合宿などがトピックス。
短期の組織や業績を国内出張で見定めながら、中期の組織や戦略を海外出張や合宿で親睦を深めました。

◆11月
⇒この月は1/3が国内出張で全て既存施設。既存施設や既存事業が必ず前年アップか悪くても現状維持が僕の基本中の基本。これが実現出来ていないと新たな事業や新規出店はしない。この足固めの月でした。
月末は初めてのインドネシアでした。

◆12月
⇒とにかく社内打ち合わせが多い月でした。特に月初は取材やヒアリングが多く一日8件のアポイントをガンガン回していたのが今月でした。

と、ま〜〜色々と動いた一年でしたが(笑)、
30日から3日まで5日間の休みでグッと先の事に目を向けながらゆっくり2015年を占いたいと思います。

2015年は年男!!(よっ!!)。良い年にします!!。
では皆さんにとって今年も素晴らしい人生の一年でありますように!!。来年も宜しくお願いします!!

杉元 崇将
posted by 杉元崇将 at 19:23| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

【コレド室町〜<感動NIPPONのヒントがあちこちに!>〜】

こんにちは!!。今日も人生を楽しんでいる杉元です。

いや〜〜〜2014年もいよいよ&益々年の瀬ですね〜〜〜。早い!!。
皆さんのお仕事も実質的にはあと一週間でしょうか?。

僕そしてポジティブドリームパーソンズの仕事は皆さんの仕事が終わった後のアフターファイブや休暇の時間がビジネスフィールド。
よって年末年始のホテルやレストラン、そして御節の準備や納品なども含め必ずどこかで何らかの仕事をしているという意味ではノンストップで会社は動き続けます。

TIME IS MONEY。時は金なり。人生は長いようで短い。だからこそ今目の前にある時間を大切にしながら残り10日という2014年を意味のあるそして価値のある10日間にしたいと思います。

コレド1.jpg
<行きたかった中川政七商店のお店byコレド室町>

コレド2.jpg
<カフェカンパニー楠本さん達がプロデュースした、出汁のお店。日本橋らしい>

コレド3.jpg
<上質なコメを小口しにたありそうでなかったプロダクト>

コレド4.jpg
<もう今や知らない人はいない茅の舎>

さて先日中々機会がなくて行くことが出来なかったけど実は非常に行ってみたい商業施設としてコレド室町に行ってきました。

銀座までは結構行くことはあるのですが、銀座から先の日本橋や秋葉原や上野方面に行く機会が非常に少なかった訳ですが、
「日本橋らしいコンセプト」だと感じていたコレド室町をやっと訪れる事が出来ました。

ダシの専門店や箸の専門店や手ぬぐいの専門店などまさに日本橋らしいリーシングとコーディネートでとても参考になりました。

中でも特に見たかったのがこのお店。中川政七商店。
http://www.yu-nakagawa.co.jp/top/#

以前TV東京のカンブリア宮殿かガイアの夜明けに出ていたと思いますが、
僕自身がとても大好きでこの人のセンスにはかなわないと尊敬する緒方慎一郎氏(ヒガシヤマ東京やヒガシヤなど)と相通じる感性が多数あると感じており、
日本の伝統の技術や技法を再編集して新たな今の時代にフィットしたプロダクトを創りだす能力はやプロデュース力に長けた会社だと感じていました。

企画やプロデュースに自社は特化しモノ自体の生産は任せる。
その代わりマーケティングやパッケージや販売は全て一手に担うというまさに感動NIPPONの参考になりました。

あとこちらはもう知らない人がいないと思いますが久原本家の「茅の舎」。東京ミッドタウンでも大人気ですね。
http://www.kubarahonke.com/

非常にお値段は高い(笑)。しかしモノは良い。加えて一番大切なモノ自体にストーリーがある。そのストーリーがウエブサイトや店内まで徹底的にマーケティングコントロールされている。こういうのが「ブランド」。この徹底具合が売れるわけですね!!。

では皆さん今日も素晴らしい人生の一ページをお創りください!!。では!!
posted by 杉元崇将 at 11:45| 東京 ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

【「思考の三原則」の大切さ〜<経営者に大切なのは人間性>〜】

こんにちは!!今日も人生を楽しんでいる杉元です!!。

さて2014年もあっという間にあと2週間。つまり23/24が終了です。
最終週に余裕を持たせるように今週と来週に予定をがっつり入れています。頑張ります!!。

呑む会2.jpg
<社内とのコミュニケーションは毎月続く!!。この繰り返しがいずれ会社を強くする!!>

堀江.jpg
<ザランドマークスクエアトーキョーの堀○シェフとの「いいとも!!」>

商品企画.jpg
<弊社事業統括部門のメンバーとの「呑む会」>


さて「経営者通信」という雑誌があるのですが皆さんご存知ですか?この雑誌はいつも読んでいて勉強になるな〜と感じます。
http://k-tsushin.jp/distribution/

その中でも特に勉強になると感じるのが巻頭ページの発行人でおられる明石智義様のコメントです。
今月も読みましたが個人的には当たり前のことなのですが、グッと唸る内容でしたので簡単にご紹介します。

・・・以下文中抜粋・・・・

「思考の三原則」というのがある。
1、目先にとらわれないで、出来るだけ長期的に考える
2、物事の一面にとらわれないで、出来るだけ多面的に全面的に考える
3、枝葉末節にとらわれず、根本的に本質的に考える
つまり「長期的、多面的、根本的」に物事を考えるべき。この原則は経営の根幹を考えるときに絶対外してはならない。

・・・・・・・・・・・・・・

以上上文に加え、
4、自分の頭で考えること
5、誠実に考えること
を加えた思考の五原則で考えるべきが現在の経営者であると筆者は唱えておられます。

つまりビジネスは人マネや短期志向で儲かっても長くは続かず環境の変化や時代の変化に適応できない。
そんな環境が変化した時や時代が変化した時に、自分で考えたビジネスだからこそ信念や決断に基づいて構築出来る。

また経営者の条件として最も大切なのが人間性。誠実さなき経営者はいつか社会から見放されてしまう。

書いておられることは実は至って当たり前のことなのですが、経営をしているとつい忘れてしまいそうな原理原則を気付かせてもらえる筆者のメッセージが僕にはいつも役立っています。

皆様も宜しければ是非!!。
http://k-tsushin.jp/distribution/

では皆さん今日も寒いですが(笑)、素晴らしい人生の一ページを創りましょう!!。では!!。
posted by 杉元崇将 at 14:07| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月06日

【腹の据わったミドル100名計画〜<会社の未来はミドルが創る>〜】

こんにちは!。今日も人生楽しんでいる杉元です。

ポーター賞.jpg
<マイケルポーター賞へ>

ジョブクリエーション.png
<JOB CREATION2014という雇用創造貢献企業の表彰式に>

ウエルカムランチ.jpg
<「ようこそPDPへ!」が合言葉。中途採用を迎える「ウエルカムランチ」の一コマ>

呑む会2.jpg
<本社経営管理のメンバーと恒例の「呑む会」>

呑む会.jpg
<今回はもう一つ「呑む会」。葉山SCAPESのメンバーと>


さて実は本気で今日のタイトルにある「腹の据わったミドル100名計画」を開始する事としました。

実は前の中期三カ年計画で「強烈な知的生産型組織へ」という基本方針があり、
どんどんミドルマネジメントクラスに人材を投下して育成を図りながら、
その人材の一部をコンサルティングや海外に投下する方針だったのですが、
コンサルティング室には数多く輩出出来たものの、
僕の決断不足もあり海外に人材を送り出す人事を取ることが出来ませんでした。

この敗者復活戦という事に加えてですが、
今回目指している現在の中期三カ年計画の実現のためには「質」、
特に「人間としての魅力」や「腹の据わった覚悟感」を持てているミドルマネジメント層がPDPの今後を決すると見ており、
今回はこの「腹の据わった感」が持てない人や「中途半端感が否めない人」は降格やむなしのスタンスで挑みます。

経営チームとメンバーを結ぶミドルマネジメントは会社におけるハブやターミナルの役割であり、
このミドル層の「咀嚼力(そしゃくりょく=分かり易く噛み砕いて説明する力)」や「人望」や「グリップ力」が組織の成長の肝だと見ており、
ここが出来ているから初めて事業や会社が成長できる。そう信じています。

是非期待してください!!
では今日も素晴らしい人生の一ページをお創り下さい!!
posted by 杉元崇将 at 16:22| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。