2014年06月29日

【代表取締役担当者VS代表取締役経営者〜<楠木健さんの「戦略ストーリ」を学ぶ>〜】

こんにちは!!今日も人生を楽しんでいる杉元です。

TKP.jpg
<先週は今や貸会議室業界で断トツのTKP河野さんと対談>

サービスマネジメント.jpg
<グロービス経営大学院のサービスマネジメント。PDPの海外進出の取り組みがケースになりました>

楠木.jpg
<楠木健さんの新書。皆さん是非!!>

さて先日「ストーリとしての競争戦略」で有名な一橋大学院教授の楠木健さんをご紹介賜り、講演を拝聴する機会に恵まれました。

楠木さんは先述の著書が非常に有名ですが、今回お話を聞くにあたって大変参考になったのがタイトルにもある代表取締役担当者と代表取締役経営者の違いに対し、違いをもたらす事の必要性であり納得感がありましたので皆さんに共有します。

簡単に言うと、僕の理解で言えば
「スキルは磨ける。しかしスキルを磨く事よりもセンスつまり経営センスを磨け!!」という事です。

もっと分かり易くいえば、
◆代表取締役担当者
⇒スキルが軸。代替が効く。スキルが売り。「ITスキルがあります」「コンサル経験があります」などもスキルであり、どちらかというと経営者を支える担当者向き。事業を大きく回そうとすると担当者になってはいけない。妄想やストーリー構成力が弱い。機能別組織的。
◆代表取締役経営者
⇒センスが軸(ここでいうセンスとは「経営センス」を指します)。中々代替が効かない(市場にいない)。ビジネスを構造化するセンスが売り。「野菜屋の経営できます」など事業は何であっても経営できるセンスがある。事業を大きく回そうとすると商売センスのある経営者感覚が大切。妄想やストーリー構成力が強い。トップダウン的。

楠木さんの基本的な競争戦略の骨子は、
「競合他社との違いをつくる」事や「ストーリーとして点でなく線で繋げる」事が肝だと理解していますが、
この「違いをつくる」事や「ストーリーを構成し線で繋げる」事という脚本家や構成者のような、
「構造化出来る総合プロデューサー」のような人が経営者であり、
営業系に強い社長や財務上がりの社長という担当者上がり的では代表取締役担当者的な構想しか出来ないというのがポイントだと僕は個人的に理解しました。

こんな楠木さんの言う代表取締役経営者って「では誰がそれに該当するの??」となると思いますが、
これが新書の「好き嫌いと経営」という本で取り上げられており、例えば
元マクドナルドの原田さんや、日本電産永守さんや、ローソン新波さんなどが商売センスのある経営者として取り上げられているようです。

皆さんもぜひ!!
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E5%A5%BD%E3%81%8D%E5%AB%8C%E3%81%84%E3%80%8D%E3%81%A8%E7%B5%8C%E5%96%B6-%E6%A5%A0%E6%9C%A8-%E5%BB%BA/dp/4492533443/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1404014621&sr=1-1&keywords=%E5%A5%BD%E3%81%8D%E5%AB%8C%E3%81%84%E3%81%A8%E7%B5%8C%E5%96%B6

では今日も素晴らしい人生の一ページをお創りください!!では!!







posted by 杉元崇将 at 14:01| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

【リトリート〜<携帯の通じない北海道の山奥で団結力を磨く>〜】

こんにちは!。今日も人生を楽しんでいる杉元です。

リトリート3.jpg
<北海道。新千歳空港より車で約2時間強の場所にある「小屋」。今回はここでリトリート研修>

リトリート5.jpg
<真横に流れる小川。とにかく水が綺麗ですが冷たい^^>

リトリート4.jpg
<別荘ではないので掃除から全てを自分達で。写真は薪風呂>

リトリート2.jpg
<初めて水陸両用車を運転。動きは戦車ですね。森の中をこれで木をなぎ倒しながら走ります>

リトリート1.jpg
<小屋の中の囲炉裏。自分達で火をおこし自分達で調理します>

リトリート6.jpg
<ホーストレーニング。馬と向き合い馬との信頼関係を構築するプログラムにも参加>

さてサッカーのワールドカップも予選が佳境を迎えており大いに盛り上がっていますね。
我が日本代表は苦戦を強いられていますが、その試合やメディアの声を聞きながら、
※「初戦の大切さ(初戦を勝つと負けるでこれほどの差が出る)」
※「先行逃げ切りの大切さ(一度ムードが逆境になるとキツイ)」
の重要性を痛感しており、ビジネスとも近いな〜と思いながら見ています。
第三戦のコロンビア戦も応援したいと思います。

さて先週経営者仲間の方々とのリトリートを北海道で開催しました。

リトリートとは、日常生活や社会生活から離れ自然に触れたリラックスした環境の中でお互いを高め合ったり磨き合うプログラムで、
腹を割った会話や議論などを通じチームの団結力や信頼力を高めるプログラムです。

今回は別荘のような恵まれた環境(?)でなく、
いわゆる何から何まで自分達で調達したり準備をしながらという機会でしたが、
お互いと向き合う時間や自然と向き合う時間を持つ事を通じ、更に高い信頼関係や普通の時間がない中では構築できない議論をする重要性を再勉強できる機会となりました。

こういったリトリートを自然豊かな場所というコンディションの中で会社メンバーと行ったりする機会を持った事はありますが、
父子でこういった機会を取られる方も多数おられるようで、信頼関係を構築する場の設定や演出の大切さを痛感する事が出来ました。

様々な勉強や議論をする訳ですが最後のゴールは「信頼関係の構築」。とても良い時間でした。

最後は40歳代の大人で水陸両用車に乗って山や川を探検したり、乗馬をしながら北海道の自然も満喫。野生のシカやキツネとの出会いもあり日本の雄大さも再確認できる時間でした。

では皆さん今日も素晴らしい人生の一ページをお創りください!!では!!












posted by 杉元崇将 at 13:24| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

【会って語って目線を合わす〜<あきらめない「しつこいコミュニケーションの重要性」>〜】

こんにちは!今日も人生を楽しんでいる杉元です。

いや〜〜雨多いですね。。
じめじめして不快指数上がりますが「夏を楽しむ前の序章期間(?)」とポジティブシンキングで乗り切りたいと考えています。

いぐち.jpg
<今週は社内メンバーとの食事が2回ありました>

いいとも.jpg
<そのひとつの「いいとも!」。取締役執行役員と●見君>

経営行脚2.jpg
<今週行われた首都圏での「経営行脚」>

さて昨今、日本企業の好業績回復基調や2020年の東京オリンピック決定などを踏まえ、
世の中のどの企業も採用にアクセルを踏みながら且つその競争が激しくなってきていることもメディア市場で騒がれています。

弊社も先週TVに取材でその打開策についての取材を受けましたが、
自社の競争優位性や採用市場での存在感を今まで以上に高める必要性を感じており、現在様々な施策を投じています。

中でもユース(一般的にはアルバイト)の皆さんの「定着化」「戦力化」という2つの施策に加え、
今期から「社員化」というキーメッセージを加え、ユースの中でも特に意欲や成長心の高い人財の15%社員化を進めているところです。

この採用も重要なのですが、一方既存メンバーとの戦略やマイルストーンの目線合わせに加え、
「この会社で働く意義や社会的使命」など帰属意識の再確認も新たな採用と同じくらい重要であると考えており、
僕はこの既存メンバーとの目線合わせや働く意義の再確認に、おそらく一年の20%程の時間を投じています。

具体的な取り組みとしては、
◆定例化された「会議体でのメッセージの発信」
⇒朝礼や夕礼というデイリーの仕掛けから、ミドルマネジメントメンバー層との週間や月間・Q単位で会議体を使った発信の仕掛け。足の長い会議体では前回のこのブログでも話した経営行脚という全社員向けの方針説明会など。
◆社内ブログやイントラネットなどを駆使した「読み物としてのメッセージの発信」
⇒SUGIMOTO`S VOISEや社内のシステムを使った定期的なメッセージや方針の摺り込み・目線合わせ
◆オフタイム的な場面を駆使した「アナログな飲みニケーションでの発信」
⇒入社メンバーとの「ウエルカムランチ」や、ミドルマネジメントメンバーと方向性やスタンスを確認する「いいとも!」や、メンバー層との理念共有やトップとのコミュニケーションミスをなくす「呑む会」など
とかなり計画的且つ構造化しながら様々なメンバーと目線を合わせる仕掛けに時間とカネを投資しています。

非常に日本的で一種古いやり方も一部導入しているのですが、
PDPの一人一人が自立しながら且つ強い組織力で勝っていくためにはここまでやって何とか企業理念の浸透や企業文化の再確認の維持には最低限なのかなと感じています。

今後はこの仕組みの回数や頻度が更に増すわけですが、
しつこいコミュニケーションを繰り返し、更に室と格が上がったPDPをお見せしたいと考えています。
引き続きよろしくお願いします!!

では今日も素晴らしい人生の一ページをお創りください!!では!!
posted by 杉元崇将 at 19:52| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

【経営行脚〜<一人ひとりが経営者&一人ひとりがPDP>〜】

こんにちは!今日も人生をポジティブに楽しんでいます杉元です^^。

コーポレート(杉元3).jpg
<宣材写真です^^>

長崎2.jpg
<先週は強い組織力で爆速爆進が続くザヴィラズ長崎のメンバーと「呑む会」。
今年はビアガーデンが盛り上がります!!盛り上げます!!>

長崎1.jpg
<その「呑む会」の刺身盛り合わせ。スゴイ。。旨い。。>

ご飯1.jpg
<今週は吞み会が続きました^^>

ご飯2.jpg
<しかし和食が大半だったので体に負担がかからず^^>

経営行脚.jpg
<そして。今週から始まった「経営行脚」>

さて会社が成長していくということは一般的には事業が多角化したり地域領域が拡充したりする事と同意であり、
すなわち社員数も増える傾向が高く且つ組織も複雑化する傾向が高まります。

この事業が多角化したり地域領域が拡充するという事は、自社の事業が顧客に認めて頂けた結果であったり、市場トレンドと合致したビジネスモデルや組織にケイパビリティを保有している事に他ならない訳ですが、
一方「世紀を超えるようなスゴイ会社の実現」や「感動で満ちあふれる日本の実現」などを使命を果たしていく事に覚悟やコミットが強いならば、
◆いかにして顧客と自社の密着度を高めていくかと同じくらい
◆いかにして自社メンバーと自社の密着度を高めていくか
という事が重要であると僕は強く考えます。

それは自社つまり我々ポジティブドリームパーソンズに於いて、
「いかに一人ひとりが経営者」そして「いかに一人ひとりがPDP」という姿勢やスタンスで日々の仕事に取り組む事が重要であり、
且つこの姿勢やスタンスで仕事に取り組み続けた暁には
◆どんな未来が待っているのか?
◆そしてそれに対しPDPはどんな影響を果たすのか?
◆どんな役割をPDPは担うべきなのか?
などという<未来の視界を合わせる>という作業や機会がとても重要だと思います。

そしてその<未来の視界を合わせる>事と同じくらい
「そもそもなぜこのPDPで頑張るのか?」という起点や肝である原点を確認し合う<しつこい原点回帰の確認>の作業や機会も重要であり、
「まだやるか!!(笑)」と思われる位企業理念や企業文化の浸透や醸成に時間とカネを投資する事も大切だと思います。

この
◆<未来の視界を合わせる>という「先にあるマイルストーンの確認」という(未来の視界を合わせる力)と
◆<原点回帰>という「そもそもの帰属意義の確認」のいう(原点となるDNAを合わせる力)
の2つを繋ぎ合わせるきっかけは経営者がリードすべきであり、自社ではこの期末と期初のタイミングとなるこの時期に経営チームで各事業所を行脚する「経営行脚」という呼称でのイベントを恒常化しています。

またこの「経営行脚」の内容を洗脳する位(笑)、更に各クオーター毎にミドルマネジメントには僕から直接伝え直し、
さらにこれをよりカジュアルな雰囲気でメンバーも加えて飲みニケーションしながらの「呑む会」や「いいとも!」というイベントで更に繰り返し浸透活動に投資し、
最後はダメ押しで(笑)毎週「SUGIMOTOS VOICE」という社内メンバー向けの僕からのブログや社内資料全般にもその思想を加えながら、
<未来の視界を合わせる事>と<理念と文化というDNAの確認>という2つの浸透に様々な施策と時間をかけています。

僕の仕事の約20%がこの手の仕事で、今後もこの比率は維持するのですが、
今期より海外と経済団体等の活動に20%ほど時間を投じる計画としており、
◆今後はいかに担当役員やミドルマネジメントやメンバー一人ひとりが「日頃の活動の中で視界やDNAを確認し合うか?」
◆その上で「一人ひとりが経営者」「一人ひとりがPDP」というマインドを醸成するか?
が重要になってくると考えています。

では皆さん梅雨入りして全国でも雨が続いていますが今日も素晴らしい人生の一ページを創っていきましょう!!
posted by 杉元崇将 at 15:25| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。