2014年01月25日

【大人な時間〜<腹を割って話す素晴らしい関係>〜】

こんにちは!今日も人生を楽しんでいる杉元です!!

リーダーズアワード.jpg
<2014年リーダーズアワードのポスター。まもなく投票が始まります。
皆さんよろしくお願いします!!!>

洋服.jpg
<僕の好きなお店。僕のワードローブはほぼこの店に任せています^^>

ユニオンスクエア.jpg
<素敵な報告を聞いた東京ミッドタウンのユニオンスクエアでのランチ!!。
○山さん結婚おめでとう!!>

さて始まったばかりの2014年も来週で早いもので一カ月が終了します。無茶苦茶早いですね(笑)。

そんな1月は非常に忙しく且つ社内外問わず新年会や定期イベントとしての会食が多く、
若干内臓が疲れ気味です(笑)。

そんな中先週ある経営者同士6名での会食があったのですが、
それぞれの経営者の悩みに始まり且つその中でも特に2名いた上場経営者の仕事観やスタンス、
そして市場での在り方や取り組み方などをいつも通りじっくり膝づめで話す事が出来て、
大変勉強になりました。

具体的な事はここでは割愛しますが、中でも
「経営者は廻りに合わせるアジャスト力も重要だが、自分があるべきと考える世界観に廻りを巻き込む力や周りにそれを適合させる力」こそが重要であるというセンスの重要性が大変参考になりました。

様々な事象やステークスホルダーが存在する企業経営において、
これが正しいというベストプラクティスは、時と場合において様々なオプションがあると思いますが、
「これが正しい」と決めたべストなオプションに対しては、ぶれずに自分を信じ、周りを説き、
そして最終的には自分のペースに巻き込んでいく。

これ出来そうで難しいですよね(笑)。

但しこの難しい事を実現するために、
経営者が自分のスタンスや軸を常に平時に明確にしておき、良い意味で妥協も許す。

この妥協を許すという点は、
常に僕の頭の中にある「80点主義」(100点満点から「何が出来なかった」という性悪説での味方より、80点出来ていれば概ね合格。「次は何を伸ばすか」という性善説)に近いと感じながら、
その日は楽しい食事と素敵な会話で楽しみました。

しゅっぽり個室で小声で話しながらの食事。
同じレイヤーの同じ悩みや同じ希望を戦友として過ごす大人な時間。
素晴らしい会食・仲間に感謝です!!。

では今日も素晴らしい人生の一ページをお創りください!!では!!
posted by 杉元崇将 at 16:06| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

【2,014年の抱負〜<「前半勝負」と「徹底力」>〜】

こんにちは!今日も人生を楽しんでいる杉元です。

本日も2,015年新卒採用の活動が本社では行われています。
新年に入ったわけですが、2,014年も既に1/24が終了。
TIME IS MONEY。時は金なり。時間を大切&有効に活用したいと思います。

スシロー.jpg
<実は恥ずかしながら初めて行ったスシロー。スゴイ混むんですね。。回転率の高さに驚きました^^>

肉.jpg
<先週は新年会が立て続けでした。どこのだったか忘れましたが美味しかった肉料理。旨い肉は岩塩で食べるべし!!>

さてポジティブドリームパーソンズにおける今年の抱負もしくは今年意識すべきキーワードを以下の2つに定め、
この1月で全社に浸透する活動を繰り返しています。

具体的に2つとは以下です(社内に伝えたコメントをそのまま記載します)

■【前半勝負】
⇒PDPで2012年に推奨していたメッセージです。2014年は改めてこの言葉を使います。
競争環境はより厳しくなる時代ですが、そんな時代だからこそ「先手を打つ」という感覚や「貯金しておく」という発想がとても大切になる一年です。
4月に迎える消費税UP後のお客様の心理を予測する事は難しい。そんな不確実な一年だからこそ大切なのは、2013年に身に付けた<コミットメント>という意志力と&<前ノメル>という先手力の企業文化を活かし、
週の前半、月の前半、Qの前半、スケジュールの前半など、「前」を強く意識する企業文化を浸透したい。

■【徹底力】
⇒PDPは決める事は得意。しかしその決めた事を細部まで浸透させるという「徹底的に徹底する力」がまだまだ弱い。
「徹底的に徹底する力」を宿す一年としたい。

こんな2つです。

僕はこの2つの活動をトップとしてPDPを先導しながら、一方で昨年12月のブログでも書いたのですが
僕個人としては140%⇒300%つまり、
「今までの延長線上での成長戦略」という140%から、
「大きく質と格を引き上げるゼロベースの成長戦略」という300%へ、
僕自身の時間の使い方や大胆な判断力などを宿しながら脱皮する感覚の一年にしたいと考えています。

しかしここが過去に縛られたり自身の経験に誘導されたりしてなかなか上手く仕組みに出来ておらず、
検討の結果2月にワンデーの一人合宿を行う事にしました(笑)。

おそらく休日の早朝に一人で都心を離れてコーヒーでも飲みながら夕方戻ってくるという程度の合宿ですが、
日常や通常のアポイントから離れじっくり自分と向き合い、
どのようにすれば今までの延長線上の140%から離れ、今後大きく質と格を引き上げる300%成長に相応しい一年の使い方が出来るか?というテーマに向き合いたいと考えています。

感覚としては、
※今までの80%は現行通りで進めながら20%を変える感覚⇒140%から、
※今までの50%は維持するが半分の50%は完全に入れ替える感覚⇒300%みたいな感じです。

頑張りたいと思います。
では皆さん今日も素晴らしい人生の一ページをお創りください!!では!!
posted by 杉元崇将 at 13:56| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月11日

【採用は恋愛と近い!!〜<経営戦略は突き詰めると組織戦略に行きつく>〜】

こんにちは!今日も人生を楽しんでいる杉元です。

今日から三連休。
PDPではとっくの昔にお正月気分は抜けていますが(笑)、忙しい三連休を迎えます。

花.jpg
<サンジョルディフラワーズザデコレーターソウルがリニューアルオープンします。大型に拡張する為店頭ディスプレイの勉強へ>

相澤.jpg
<社内イベントである経営チームとミドルマネジメントの「いいとも!」という会食イベント>

2014年に向けて社内には2つのキーワードを示しました。

■【前半勝負】
⇒2012年に推奨していたメッセージですが2014年も改めてこの言葉を使う事にしました。
競争環境はより厳しくなる時代ですがそんな時代だからこそ「先手を打つ」という感覚や「貯金しておく」という発想がとても大切になる一年。
4月に迎える消費税UP後の顧客心理を予測する事は難しい。そんな不確実な一年だからこそ大切なのは2013年のキーワードとして身に付けた
<コミットメント>という意志力と&<前ノメル>という先手の企業文化を活かし、
週の前半、月の前半、Qの前半、スケジュールの前半など、「前」を強く意識する一年にしたい。

■【徹底力】
⇒PDPは決める事は出来る。しかしその決めた事を細部まで浸透させる徹底的に徹底する力が弱い。「徹底的に徹底する力」を宿す一年としたい。

この【前半勝負】と【徹底力】を宿す一年として2014年も頑張ります。

さてPDPでも2013年夏より2015年新卒採用活動が既にスタートしており、
今年に入って説明会等が活性化してきました。

自社の魅力や未来を語るリクルーターや、内定後のメンバーフォローを行うアセッサーやメンター、
そして会社説明会を通じて会社の未来を再認識する説明会への同席者などを含めると、
PDPでは毎年新卒採用活動に全社の約30%前後が何らかの形で関わる事になります。

短期的にみればコストなのですが、中長期で考えると理念共有や社員教育への投資と考えているため、
2008年に新卒採用を開始してからこの感じで進めています。

この新卒採用に加えて中途採用は企業における組織戦略の中の入口管理なのですが、最終的にいつも立ち戻る2つのキーワードが僕にはあります。

■スキル<価値観
⇒特に新卒採用などが典型的ですがまず考えるべきは、
その方のスキルや能力よりも結局「一緒に働きたいか?」や「お互いの価値観が合致しているか?」に尽きると思います。そしてその上でその中でもスキルや能力が高い人を仲間・同志として迎えるという感覚。

これを恋愛に例えると「結局好きかどうか?」や「一緒にいたいかどうか?」がまずもって肝。
間違えてもその人が「カッコいいかどうか」から先に入ってはいけないという事です。

■分けて考える
⇒ここは特に中途採用で大事な視点だと思います。

僕はスポーツでよく考えるのですが例えば野球で考えると採用は「ドラフト」などが主になります。
中長期的には派え抜きの選手として将来を期待される選手であり未来の幹部候補。ここは新卒採用に近い。
一方でそれだけでは短期的な戦力補強にならないのでメジャーリーガーのような経験や実績のある選手を一時的な高額は止むを得ないとして招へいする。要は結果も出し短期的には後輩のロールモデルとしても活きる。企業で考えれば常駐コンサルタントのような役割。

その上で派え抜きという前者は、育成に企業が全責任を持ち、そして投資し、長い時間をかけて貢献や成果というリターンを得る。
一方後者は、その実績をひっさげて即座にリターンを発揮する。

前者はドッグレッグのように長期でそしてジワジワと力を発揮する。「今」よりも「先」。
後者は短期でガバッ〜〜と。「先」ではなく「今」。
これを未来の自社の方向性を見て難しいですがバランスを見ながら分けて考える。このセンスがないと成長的な組織戦略を組めなくなるというのが僕の持論です。

僕はこのどちらも経営者にとって大変重要であると考えているのですが、
大切なのはその役割を体現するもしくは期待する期間や時間そしてタイミングがそもそも違う点です。

僕の知り得る組織戦略は6つつまり
※「採用戦略」(誰を採用するか?)
※「配置戦略」(その上でどんな戦闘態勢を組むか?)
※「育成戦略」(誰にどんな育成戦略を描くか?誰にどうなって欲しいか?)
※「評価戦略」(誰がどんなタイミングでどんな観点で評価される仕組み?)
※「報酬戦略」(何をどう頑張ればどういう報酬体系?)
※「出口戦略」(だれにいつ辞めてもらうか?どんな新陳代謝組織にしたいか?)
の6つですが、
感覚的にはPDPを設立して以降、僕の頭の中の1/3は常にこの組織戦略を考えてきた気がします。

特に僕達の業種においては実はこの組織戦略こそが行きつくところ重要であり、
極論を言えば人間関係の構築含めこの組織戦略さえ上手くいっていれば営業戦略やマーケティング戦略は何とかなるというのが僕の率直で正直な見解です。
結局は企業は人と人の関係性が全てという事です。

優秀な会社は、結局優秀な人が多いのではなく、
組織戦略つまりHRM戦略が優れておりそれを戦略化し使いこなせる経営者・経営チーム・マネジメントチームが存在する場合が多い。
是非そんな会社を目指したいです。

では今日も素晴らしい人生の一ページをお創り下さい!!では!!

posted by 杉元崇将 at 16:34| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

【謹賀新年〜<質と格の2,014年>〜】

皆さん新年明けましておめでとうございます!!
2014年も始りましたね!!!今年一年も宜しくお願い致します。

37ステーキハウス.jpg
<30日夜は数人でステーキハウスへディナー。ここではオーダーしたオイスター、サラダ、アペタイザー、肉が一気に20分で出て来て一時間強で食事が終了してしまう。
ウェイターのテーブルコントロールの重要性を再確認した年内最後のディナーでした>

朝食(シリアル).jpg

朝食(パン).jpg
<年始はハイアットの朝食を食べに行く。PDPでもレストランのレベルアップを本気で目指しているが大切なのは「外国っぽさ」。
お客さんが店を創るとはまさにこの事。典型的な事例>

年始.jpg
<元旦は品川のザランドマークスクエアトーキョーへ。おせち料理配送などの確認に行きました>

中華.jpg
<ディナーは同じくグランドハイアットのチャイナルームへ。偶然安倍首相も食事されていました>

アイビープレイス.jpg
<3日はアイビープレイスへディナーへ。テーブルコントロールされていて食事のタイミングがグッド。二時間ゆっくりディナーを楽しめました>

さて年末年始は、
12月30日の午後より休暇に入り、年内の一日半はゆっくりと過ごし、
1月1日は御節を食べた後に会社に寄った後、年末年始と仕事に頑張ってくれているメンバーへ挨拶。
PDPも随分業態が多角化しカウントダウンパーティや元旦のレストランなどノンストップ営業が増えてきました。

そして1月2日と3日は親戚のお見舞いなど普段出来ない事を午前にバタバタと済ませ、
両日とも夜は半分ビジネスディナー的な会食。
ネクタイを外してフランクな感じでの会食はお互いの親睦を深めるメリットを改めて確認する場でした。

また年末年始の特に首都圏に滞在する人の動きにも仕事柄注目。個人的には、
※元旦はしっかり御節を食べ家族で親睦を図る方が多い
⇒(自宅周辺でゆっくりするかホテルなどで家族で食事をする人が多い)
※2日以降は特に首都圏の方は自宅にいる事や正月料理に飽きる
⇒(商業施設や初詣などはスゴク混んでた)
※3日の箱根駅伝が終わった時間くらいから自宅で過ごすのがもう耐えられなくなる人が多い(笑)
⇒(特にレストランなどは3日〜5日まではゴールデンウィークのような人の流れになる)

僕も年始は六本木ヒルズ周辺のホテルレストランや代官山蔦屋周辺のレストランで夕ご飯を食べる機会が多かったのですがどこも凄く混んでました。

まだまだ消費者マインドがデフレによるネガティブからポジティブに戻ってきたという実感は少なくとも僕自身は持てていませんが、
この消費税が具体的に3%上昇する3〜7月までの消費環境の変化をしっかり見ながら事業を進めていきたいと思います。

また重ねて僕自身はオリンピック決定などによる中長期的な市場好転をまだ確信出来ている派ではないのですが、
昨年後半からの円安や株高そしてここ数年ではあり得ないほどのIPO市場の暑い夏現象や製造業の足元の順調さを見ていると、
2014年の日本経済は上昇ムードとまでは確信できないとしても、最低でも横ばいまでは確実。
下落ムードまでは織り込む必要はなさそう。
そんなトレンドで僕自身は2014年を見ています。

今年は意図的に少し海外への時間を増やす予定です。

中長期を見据えた事業自体への時間投資と、現在の事業と人財の質と格を中長期で引き上げる事に時間を投じたいと考えています。

皆さん2014年もポジティブドリームパーソンズ並びに杉元崇将を宜しくお願い致します!!では!!


posted by 杉元崇将 at 17:26| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。